自分に合ったオススメのコピー機複合機を丁寧に教えます

自分が日ごろコピー機の付属機能のなかで、どの機能を一番利用しているかでコピー機複合機の種類を決めるのが賢明です。カラープリントの頻度が多いのか、何かをコピーすることが多いのか、それともスキャナーを使用することが多いのかによって、ランニングコストがおさえられる複合機を選ぶのがいいでしょう。カラープリントが多い場合、カラーインクが安価なものを選んだほうがランニングコストをおさえられるのです。しかし、ランニングコストやコストパフォーマンスを優先するのではなく、品質を優先するという人もいるでしょう。特殊なものを作成する人の場合、機能性を重視するという人もいるので、自分の利用の仕方によって複合機を選ぶようにしましょう。そして利用頻度の高いものが得意な機種を選ぶのが一番です。

コピー機複合機の2色印刷でコスパをあげる

コピー機の付属機能は、メーカーや機種によってさまざまですが、カラープリンターが主流の今、モノクロとカラーコピー以外の機能がついているものもあります。2色刷りという機能は、プリントしたい原稿を黒と別の1色のトータル2色でコピーする機能です。 例えば印鑑の押されたビジネス文書をプリントする時に印鑑の色をそのとおりに再現したいと思っても、そのままの色を出すためにプリンターにセットされた色が重なり合って、その色に近い色を創り上げていくわけですが、カラーコピーはコストがかかるため、2色刷りの設定をすれば、文字色を変えたいところ、強調したい個所だけ色を変えたりする等、ランニングコストをおさえたカラープリントが出来るのです。コピーするときに、2色印刷を選ぶだけでいいのです。

コピー機の複合機の機能をフルで活用する

コピー機の複合機ではスキャナー機能が搭載されていて、スキャナーで読み取った文章をPDFに変換することもできるような機能も付属されています。データをスキャンする時にPDファイル形式を選ぶだけで簡単に操作することができます。そしてPDFファイルに変換したものをメール送信することも可能なので作業効率のアップが期待できます。ペーパーレスの企業もあるこの時代に、自分の周りにあるデータをまとめるために、PDF変換して保管するのはかなり有効な手段です。そして複合機の中にあるデータをそのままFAXとして送信することもできる機能があります。書類をそのままFAXに通して送信するよりも一度データ化したものを送信することで文字も鮮明度もアップしますし、ネットで送信することになるので電話代を削減することができます