自分に合ったコピー機を探すには機能から選びましょう

» 自分に合ったコピー機を探すには機能から選びましょう

コピー機の機能にはコピーするだけではなく、よりよい機能が沢山搭載されています。例えばスキャン機能です。スキャン機能では、実在している紙をデータ化する事が出来、紙ではかさばってしまうものの、スキャンしてデータ化する事によって容量を抑える事が出来ます。コピー機能にも差があり、両面コピーや電子ソートが出来るコピー機を選んだ方がいいでしょう。もし会社で使うファックス機能であれば、最新式のものにした方がスピード効率もよくなりますし、業務フローの漏洩や、ファックスの故障によるデータの紛失などを避ける事が出来ます。コピー機は、自分が理解していないとトラブルが多く起きてしまう可能性があります。機能が良ければいいというわけでもなく、自分にとって分かりやすく、どうすれば対処できるかなど分かった上でコピー機を選んだ方がいいでしょう。

コピー機を使うにあたって注意するべき事

コピー機を使うにあたり、注意する事がたくさんあり、まずはインク交換です。インクはコピー機の種類によって変わりますが、インクが無くなってしまうと印刷される紙にも色が出なくなってしまいます。その際は慌てずに、どの種類のインクを扱っているのか調べて電化製品屋に買いにいきましょう。インクが少なくなっているという表示があるのにも関わらず使い続けてしまうと次第に印刷に色のムラが出来てしまうので気を付けましょう。それだけではなく、コピー機の故障の原因にもなりかねないので速やかに好感しましょう。紙詰まりにも注意しなくてはなりません。コピー機で紙詰まりすると「紙詰まりです」という注意書きが出るのでその時には指示に従ってメンテナンスを行ってください。無理に自分で修理しようとすると故障の原因になります。紙詰まりした紙を再利用する事は特にやめましょう。

コピー機を故障させず長く使う方法は

コピー機を長く使うには、定期的な清掃は欠かせません。コピー機は重いので、下に埃が溜まりやすく、その埃が舞い上がってコピー機内部に入ってきてしまいます。常日頃コピー機の周りから中まで掃除しておけばまず誤作動は起こさないでしょう。他にも、用紙トレイを綺麗にしましょう。用紙トレイは、人の手により開け閉めされるので、それほどの頻度で掃除する必要はないのですが、毎回用紙を補充する時に何百枚の塊でいれているので、紙同士が擦れてしまいます。その時に微細なカスが発生する事が考えられるので、コピー機の埃を掃除するほどではないが、定期的に清掃しましょう。原稿を読み取る画面が汚れていると、印刷する際に黒い影が印刷される可能性があるのでガラス部分も丁寧に掃除するよう心がけましょう。